メニュー

のどが痛い・のどの違和感・のどのつかえ・声がかすれる・味が分からない など

のどは食物と空気の通り道だけではなく、細菌などの異物を排除するために扁桃腺が備わっており、身体の重要な役割を果たしています。のどの痛みや違和感、声のかすれなどがありましたら、当院で詳しく診察させていただきます。必要がありましたら、細い経鼻軟性電子内視鏡を用いることによって、よりのどの奥の診察を精密に行うことができます。少しでも患者さんの不安が取り除けるため、当院で使用している電子内視鏡は、ペンタックス ビデオプロセッサEPK-i7000で、最新(2014年10月現在)の電子内視鏡機器を導入しています。戸田・蕨地区の耳鼻咽喉科で当クリニックが初めての導入で、従来の内視鏡より解像度が優れていて、早期病変の発見が期待できます。

のどの症状

のどが痛い、のどの違和感、のどがつかえる、声がかすれる、口内炎、口の中の腫れ、味が分からない など。

のどの主な病気

扁桃炎

扁桃炎は扁桃上の常在菌が活動して炎症を起こす病気です。「のどが痛い」、「のどが痛くて高い熱が出る」、「のどが痛くて水を飲むのもつらい」という症状がある方は要注意です。早めに耳鼻科に受診してください。痛いのを我慢していると、扁桃腺の周りに膿(うみ)がたまる扁桃周囲膿瘍(のうよう)になったりします。これがさらにひどくなると息がしにくくなり、緊急に手術をしないといけないことがあります。

扁桃炎の場合は、まず抗生剤内服で治療をいたします。内服であまり効果がない方は抗生剤の点滴による治療が必要となります。

扁桃炎を繰り返している方には、ばい菌が暴れないように扁桃腺そのものをとってしまう手術をお勧めすることがあります。目安は扁桃炎の治療が年間4~5回以上ならば、扁桃の摘出手術をお勧めします。手術には入院が必要となりますので、その際には連携病院へ紹介させていただきます。 

急性咽喉頭炎

急性咽喉頭炎(いんこうとうえん)というのは、のどにばい菌が悪さしてのどが痛くなったり熱が出たり咳がおきる病気です。

風邪ウイルスによるものが多いため、基本的に体調を整える(のどの保湿、十分な睡眠、水分の摂取など)ように意識して過ごしていただければよいのですが、最初はウイルス感染だけでも、後々、細菌感染が加わることがしばしばみられます。その場合、細菌をやっつける薬をのんだり、のどにいい薬を蒸気で吸入する治療(ネブライザー治療)をすることで治せます。のどに痛みなどを感じた場合、ぜひ一度当院にてご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME