メニュー

アレルギー検査について

アレルギー性鼻炎はI型アレルギー(いちがたアレルギー)に分類される疾患で、花粉症は植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触することによってアレルギー反応が引き起こされる疾患です。

症状はくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴です。

アレルギー性鼻炎かどうかを知りたい場合は、まずこれまでの経過と症状を伺い、鼻の中を診させていただきます。アレルギー性鼻炎の特徴的な鼻粘膜の色調、腫脹の具合を観察することで診断できる場合があります。

そしてアレルギー検査に関しては、まず「鼻汁好酸球検査」という簡易的な検査があります。患者さんの鼻汁を採取し、アレルギーのテストを行い、アレルギーの有無を診断することができます。

スギ花粉、ハウスダスト、ダニなど、どのようなものに対するアレルギーがあるかを調べたい場合は、採血をして1週間後に結果をお話しできます。その中で「Viewアレルギー39」という検査を当クリニックは取り入れており、少量の採血でアレルゲン39項目を同時に測定することができます。

検査対象となるアレルゲン39項目は以下のとおりです。 

吸入系アレルゲン

<吸い込んで体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>
・室内の塵:ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト
・動物:ネコ、イヌ
・昆虫:ガ、ゴキブリ
・樹木:スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
・草:カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ
・カビ:アルテルナリア(スズカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア

食餌系アレルゲン

<食べて体に入るもので、アレルギーの原因となりやすいもの>

・卵:卵白、オボムコイド
・牛乳(ミルク)
・豆、穀物:大豆、小麦、そば、ごま、米
・ナッツ類:ピーナッツ
・甲殻類:エビ、カニ
・果物:キウイ、りんご、バナナ
・肉類:牛肉、豚肉、鶏肉
・魚:マグロ、サケ、サバ

その他

・ラテックス(ゴム)

 

もし採血が苦手なお子さんでしたら、当クリニックではアレルギーの迅速診断もしており、測定できるアレルゲンは、

花粉系(スギカモガヤブタクサヨモギ)、ハウスダスト系(ヤケヒョウヒダニゴキブリイヌネコ )の8項目ですが、指先から数滴の血液を採取し、所要時間約20で、当日に結果の説明もできます。この検査は保険が適応されます。お子さんの場合はこども医療費の助成は受けられます。

アレルギー迅速検査3
注射なしで20分でわかるアレルギー検査

 

当院ではご希望の方にアレルギー検査(何に対するアレルギーをお持ちか、わかる検査)を施行しております。一度調べることで、いつからいつまで内服すべきか、どういったことに気をつければいいか、アドバイスすることが可能です。ご希望の方は、受付の際にお申し出くださると検査がよりスムースに行えます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME