メニュー

Bスポット療法

Bスポット療法とは

Bスポット「Bスポット」とは「上咽頭」という場所にあり、ちょうど鼻とのどの間にある、口蓋垂(のどちんこの)裏側、子どもの頃にアデノイドがあった場所のことです。この場所は呼吸をする際に最初に空気が体内に入ってくるところです。そのため、ホコリやばい菌の影響を受けやすく、炎症(赤く腫れること)をたびたび起こしたりします。

上咽頭は炎症を起こしやすく、耳鼻科のお医者さん以外は病変を確認しづらい場所で、ここに炎症があっても、今までほとんど治療されてきませんでした。上咽頭炎は診断がつかないまま、長く経過してしまい、「慢性的」な炎症が続くことがあります。慢性的になると、以下の症状が起こりえます。

  • 鼻からのどに粘液が下りてくる感じ(後鼻漏)、早朝の痰がらみ
  • のどの違和感、のどに何か貼りついたような感じがする
  • 鼻は悪くないのに、鼻づまりが治らない

このような慢性の上咽頭炎の治療ですが、抗生物質などを含む飲み薬の治療は、一時的に有効ですが、なかなか完治させることができません。これに対し、塩化亜鉛というお薬を上咽頭に塗るという治療があります。この治療法をBスポット療法といいます。最近はEAT(上咽頭擦過療法)と呼ばれることもあります。これは東京医科歯科大学、堀口申作名誉教授が考案された治療法で、比較的古い治療法ですが、現在でも、内服薬などよりも有効な治療として、広く行われています。Bスポット療法は、通常、週に1~2回で、全体で10~15回程度を目安に行われます。

またBスポット療法は、先に示したような、のどの不快感や後鼻漏などの他、以下のような症状にも効果を示すことがあるといわれています。

  • IgA腎症
  • 掌蹠膿疱症
  • 頭重感、肩こり
  • 慢性疲労症候群、自律神経失調症

 Bスポット療法をご希望の方へ

当院にお越しの際に、「Bスポット療法」を希望する旨をお伝えください。

まずは症状を伺い、上咽頭の状態を内視鏡で確認し、Bスポット療法の適応の有無を判断致します。上咽頭は内視鏡検査を行わない限り、観察ができない場所です。当院では、内視鏡検査に先端が極細の軟性内視鏡(電子スコープ)を用いておりますので、検査中の痛みはほとんどありません。電子スコープで詳細な観察と記録を行い、撮った画像はその場で見ていただきます。

適応があると判断した場合には、お口を通して鼻の奥のBスポットに大きな曲がった綿棒を使用して塩化亜鉛液を塗布します。状況により鼻からも細い綿棒を使用して擦り付けることもあります。週に1~2回、合計10~15回程度を目安に治療を受けて頂くのが理想的です。10-15回程度施行して状態が改善された場合、無症状であれば終了となり、状態維持のため数週間に1回程度継続治療を行う場合もあります。

Bスポット療法についてのご注意点

  1. 上咽頭の炎症が強い場合には痛みが数時間~翌日持続する事があります。しかしながら、その分効果が期待できます。我慢せずに鎮痛剤を内服等の上、治療継続をお勧め致します。
  2. 治療後に口や鼻から少量の出血を認めることがありますが、経過を観察していただければ大丈夫です。鼻水・痰等を反応して認めることもあり、一時的な症状増悪や頭重感等を生じる事もあります。
  3. 上咽頭炎の改善につれて上記の痛みと出血は基本的に軽減されます。
  4. 飲食は特に制限はありません。
  5. Bスポット療法がなぜ疾患に対して有効であるかはまだはっきりしないところがあるため、あくまで補助的な治療法です。現在実施されている処置内服やネブライザー治療等の加療はそのまま継続していくことはもちろん大事です。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME